しわはどうしてできるの?

紫外線の中にはUVAとUVBという2種類のものがあります。まずUVBは私たちのお肌を日焼けさせ、急激な変化を与えます。じゃあUVAは効果が緩やかそうだし大したことないのではと思われがちですが、実はこのUVAこそが一番厄介で、肌を老化させる紫外線なのです。UVAはUVBに比べて波長が長く、肌の奥深くまで光が浸透します。そしてゆっくりと肌に影響を与えているのです。ハリや弾力の成分でもあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞が損傷し、それが影響して肌は弾力を失い、しわやたるみが出来てしまうのです。

日焼け止めをしてUVAを防ごう

そんな肌にとっては最強の敵でもあるUVAですが、日焼け止めで防ぐことができます。日焼け止めはしわを含めた様々なアンチエイジング効果の強い味方で、日焼け止めを選ぶポイントとしてはSPFとPAという表記に注目しましょう。SPFはUVBをカットし、PAはUVAを防ぎます。屋内でも雲や窓ガラスから紫外線は降り注いでるので、天気に関係なく日焼け止めは重要です。

食生活も気をつけましょう

実は食べ物でもしわになる原因があります。それは糖分です。糖分をとることで血糖値が高まり、糖化減少が起こります。この糖化減少は大切なコラーゲンを破壊してしまうので、肌を老化させる原因になります。また、肌の老化を防ぐためには、抗酸化作用のあるビタミンCがたっぷり配合された食べ物がお勧めです。かんきつ類やベリー系のフルーツなど、積極的に摂取しましょう。また人間の体はほとんど水分で出来ています。水分が不足しますと体の中だけではなく、お肌も潤い不足になります。1日2リットルの水を飲むようにしましょう。

しわの上手なケアの方法を覚えたい時には、市販品の化粧品の配合成分に注目することで、日ごろから美容にこだわることが大切です。