インプラントにしたら大きなメリットがあります

年齢を重ねると、歯周病や虫歯などで歯を失う人が多くなります。残っている自分の歯がないかあってもわずかしかない場合には、インプラントで歯を入れるという方法があります。かつては入れ歯しかありませんでしたが、入れ歯の場合は、毎日、清潔にするために洗浄したりしなければなりませんでした。また、固い物を噛む時も本物の歯と比べて満足に噛むことができませんでした。その点インプラントは入れ歯の欠点を補ってくれます。まず、入れ歯と比べて、本物の歯のように噛む力が強くなります。また、入れ歯のように口から出し入れをしなくても良いので洗浄したりしないで、普通に歯磨きをします。ただし、今は、健康保険の適用外となり自己負担となります。

インプラントはメリットとデメリットがあります

インプラントとは、簡単に言えば歯茎に土台とネジを埋め込みます。そして、そこに人工の歯を取り付けることです。ですから、人から見てインプラントだと見えることはありません。ブリッジのようにはっきりわかるものではないですし、入れ歯のように取り外すものではないので、人からは分かりません。また、自分の歯と違和感を感じなく食べることができることも大きなメリットです。これらは入れ歯と大きく違うことです。ただし、治療に要する期間が3か年から一年くらいかかります。また、インプラントを手術した後のケアをしっかりすることも大切で、これができないとせっかくのインプラントも無駄になってしまいます。更に、健康保険が適用にならないので、値段がかなり高くなります。どうするかは歯科医とよく相談し、かつ自分のお金のこともよく考えて下さい。

杉並区で行うインプラントの治療方法について知っておきたいことがあれば、無料相談の機会が充実しているクリニックを探すことが重要です。